キリュウ サラ【オフィシャルサイト】

おいしいパンを描く

LINEで送る
Pocket

次はどこいく?

 

こんにちは。キリュウです。

6月からちょっとずつ描いてた絵が描き終わりました。見てください。

 

タイトルがあれですが、メイキング的な説明を期待した方はすみません。

パンを描くときに考えていたことのお話です。

データはあるので作業の過程はまた今度紹介できたらと思っています。

 

●おいしい絵が描きたい

この絵の発端はこれ。おいしいものを描きたいなぁと思ったことです。

食べ物の絵を見るのが好きで、おいしいものをおいしそうに描けるってすごいな〜と思っていました。

そういえば食べ物をしっかり描いた絵がないな、自分が描くってなったらどんなふうに描くかな。と思って描き始めました。

 

今まで描いてきた絵の食べ物は、どちらかと言うと記号のようなものでした。

たとえば、夏の季節感を出す為に持たせるアイスだったり、女子高生にタピオカを持たせたり。

メインはキャラクターだったり、全体の雰囲気だったりする絵では、「おいしい食べ物」にしなくてよかったのです。

しかし今回は食べ物がメイン(キャラクター大きいけど)。「おいしく描けていること」がいい絵になる条件でした。

 

●どうすればおいしい絵になるのか

まずは食べること。食べて「おいしい」を体感することです。

次にその「おいしい」がどうしておいしいのか考えることです。

 

●具体的には…

上の絵で言うと、どのパンも実際に食べたパン屋さんのパンをモデルにしています。

ダッシュボード上のベリーのデニッシュは、1番好きなパン屋のフルーツデニッシュがモデルです。

そこのフルーツデニッシュは、お店に入って1番最初に目につく場所に並んでいるのですが、窓からの光で宝石みたいにキラキラしておいしそうです。

ツヤがあってキラキラしているとおいしそうに見えるようです。

 

それからバゲットサンド。

前にブログで書きましたがハードパンが大好きです。匂いとパリパリもちもちがたまりません。

実際に買って帰って家で見たフランスパンは、絵に描いたほどオレンジ色ではありません。

でもパン屋さんではそんなふうに見えた気がしました。

 

●本物らしさってなんだ?

お店でおいしいそうだったパン。どっちも同じパンなのに見え方の違いは何か?

今回の私の場合は照明でした。

例えばスーパーなんかで、生鮮食品のコーナーに使われている照明はオーロラライトと言うらしいです。

このライト、簡単に言うと「食べ物がおいしそうに見えるライト」とのこと。

お刺身やお肉、野菜の色が鮮やかに見えて、新鮮でおいしそうに見えるそうです。

パン屋さんがそのライトだったかはわかりませんが、少なくとも昼光色〜電球色くらいの暖かい色の照明でした。

と言うことは、色が鮮やかで暖かみがあるとおいしそうに見えるのかな、となります。

 

そういえば、テレビで食レポをしてるときに映る食べ物とかも、めちゃめちゃおいしそうに見えますよね。

暖かい食べ物は湯気が映るとおいしそうに見えるとか、ハンバーグのジューシーさを伝えるために押して肉汁を流れさせるとか、ある程度のお決まりがあるらしいです。

 

●リアルとは…?

こんなふうにおいしそうに見せるための方法を考えていると、実物の通りに描くだけがおいしい絵ではないようです。

というのも、描く人や見る人の気持ちが乗っかって、「おいしそう」に見えるからです。

食べ物がおいしそうに見えるのは、憧れの人がキラキラして見えることと似ているかなと思います。

苦手なものや興味のない人には、写実的なだけでは魅力的には見えないのかもしれません。

なので、「こんなに魅力的なんです!!」という熱い思いのフィルターを通して見た姿を描く。

自分の感じたリアルな気持ちや、「あるある〜」と思える共感ポイントを上乗せして、苦手な人にちょっといいかも?と思わせるような演出をかけるわけです。

 

●まとめると

あれこれ考えましたが、ある程度のお決まりは頭に入れつつ「私が考える最強においしいパン」の姿を描きました。

なんか結局力技みたいになってしまいましたが、完成後「おいしそう!」というお言葉をいただけてとても嬉しいです。

見た人が「おいしそう」と思う絵にできたのかなと思って満足しています。

メイキングはまた今度。

 

それでは。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

ふんわりしたイメージでも、お聞かせください😊

ちょっと相談してみる ちょっと相談してみる arrow_right
PAGE TOP